土屋由香『文化冷戦と科学技術 アメリカの対外情報プログラムとアジア』
(京都大学学術出版会、2021年)

Yuka Tsuchiya, Cultural Cold War and Science & Technology: The U.S. Overseas Information Programs and Asia (Kyoto University Press, February 2021). Japanese language. English translation is forthcoming in 2022.



目次

序章

【第Ⅰ部 文化冷戦と核・原子力】

第1章 文化冷戦と原子科学者たち――「文化自由会議」と『原子科学者会報』

第2章 「フォーリン・アトムズ・フォー・ピース」と研究用原子炉の輸出

第3章 原子力の留学生たち――アルゴンヌ国際原子力科学技術学校

第4章 太平洋の核実験をめぐる逆説の対外情報プログラム

【第Ⅱ部 新たな対外情報プログラムの展開】

第5章 「アトムズ・フォー・ピース」から「サイエンス・フォー・ピース」へ

第6章 「ホープ計画」に見る医療援助政策

第7章 新たな対外情報プログラムとしての宇宙開発

おわりに

Table of Contents

Introduction

Part I.  Cultural Cold War and Nuclear Energy

Chapter 1: The Congress for Cultural Freedom and Atomic Scientists: Why Science Matters in the Cultural Cold War

Chapter 2: Foreign Atoms for Peace and Export of Nuclear Reactors: Cases of Vietnam, Japan, and Burma

Chapter 3: International Students in Nuclear Science: Argonne International School for Nuclear Science and Engineering (ISNSE)Chapter 

Chapter 4: Contradictions in Overseas Information Program: Nuclear Tests in the Pacific and Compensation Negotiation with Japan

Part II.  Development of New Overseas Information Programs

Chapter 5: From Atoms for Peace to Science for Peace: Transitions after the Sputnik Shock

Chapter 6: The Project Hope: USIA and Private Medial Aid Program

Chapter 7: Space Flight: A New Overseas Information Program

Conclusion


「おわりに」より抜粋
 本書で取り上げた事例からは、一九五〇年代~六〇年代初頭のアメリカ対外情報プログラムの中で科学技術が重要な位置を占め、科学者・技術者たちが大きな役割を果たしていたことが明らかになった。また対外情報プログラムと科学技術援助とはしばしば表裏一体の関係で、両者の境界線が曖昧な場合も多々見受けられることも分かった。この時期のアメリカにとって科学技術援助とは、短期的に相手国の忠誠や協力を得るための外交カードではなく、対外情報プログラムと連動して(あるいはその一部として)実施される、長期的な文化的浸透政策であった。アメリカ製原子炉や実験設備は、単なる物質的支援ではなく小さな「アメリカ文化圏」であり、それらを使いこなすための技術訓練は、知米派の科学エリートの一団を育てることにつながった。したがって文化冷戦の他の側面(例えば文学・芸術・音楽など)に比べて、科学技術は目に見える「成果」を残し易い分野であった。文化冷戦の武器としての科学技術は、アメリカ製技術が実用化され知米派の科学エリートが育った国においては、一応の成功を見たと言えよう。しかしながら、アメリカ政府が援助対象国をアメリカを中心とする科学技術ネットワークの下に安定的に留め置くことを意図していたのとは裏腹に、対象国の政府や科学エリートたちは、アメリカ以外の選択肢(例えばソ連やフランス)を検討したり、アメリカの援助を利用しつつも独自の科学技術を開発しようとしたりした。その様子からは、対外情報プログラムの「成果」が、必ずしもアメリカが行った莫大な投資に見合うものではなかったことが看取できる。特に政治的に不安定な発展途上国においては、「成果」は簡単に覆され水泡に帰す可能性さえあった。それでも、留学生やアメリカ製原子炉を通して築かれたネットワークは、その後長きにわたってアメリカの科学技術知に大きな影響力を持たせ続けたことは確かであろう。

<Excerpt from the concluding chapter (translated from Japanese)>

Some concrete cases explored in this book have demonstrated that science & technology played an important role in the U.S. overseas information programs in the 1950s and 60s, and scientists and engineers were significant actors there. These cases also revealed the inextricable relations between overseas information programs and technological aid. In fact, borders between these two were sometimes blurred. Technological aid was not just a diplomatic card to pursue short-term goals such as cooperation with and loyalty to U.S. policies. Rather, it was a long-term cultural infiltration strategy carried out in coordination with, or as part of, overseas information programs. U.S. nuclear reactors and lab facilities were not merely material aid, but small U.S. “cultural spheres,” and the training for using those material things incubated a cohort of pro-American “science elite” in developing countries. . . .  However, despite the U.S. efforts to contain the target countries within the U.S. cultural and technological sphere of influence, foreign governments and scientists sometimes sought aid from France, Canada, or the Soviet Union, or developed domestic technologies. For this reason, the U.S. technological investment did not always pay off. In politically unstable countries, especially, the U.S. efforts could easily go down the drain. Even so, the network of U.S.-trained scientists and engineers, and technologies they carried, helped sustaining hegemonic power of U.S. science & technology for many years to come.